「『パチスロ からくりサーカス』橘アンジュのこれ打ったよねオブ・ザ・イヤー」

「『パチスロ からくりサーカス』橘アンジュのこれ打ったよねオブ・ザ・イヤー」

タイトル: 『『パチスロ からくりサーカス』橘アンジュのこれ打ったよねオブ・ザ・イヤー』 – ゲームレビュー

近年、ゲーム業界は新しいジャンルやアプローチで注目を集めていますが、その中でも『パチスロ からくりサーカス』は新しいエンターテインメントの可能性を示す素晴らしい例です。私がこのゲームをプレイして感じた本質的な魅力について、以下で詳しく紹介いたします。

1. 本来の意図: 『からくりサーカス』は、パチスロの要素を取り入れた斬新なアプローチで、橘アンジュの個性的な冒険を描いています。開発者の本来の意図は、伝統的なパチスロゲームに新しい視点をもたらし、プレイヤーに驚きと興奮を提供することでした。このゲームは、単なるスロットマシンの枠を越え、物語に深みを与えることに成功しています。

2. ゲームの特徴: 『からくりサーカス』の最も顕著な特徴は、その独創的なテーマと洗練されたグラフィックです。アンジュの冒険が、からくり仕掛けやサーカスの雰囲気と相まって、プレイヤーを没入させます。また、サウンドトラックもゲームの雰囲気を引き立て、プレイヤーを一層引き込んでくれます。

3. ゲームプレイ: ゲームプレイは独自のパチスロ体験を提供しています。スロットの結果だけでなく、アンジュが冒険する中で発生するイベントやクエストが、プレイヤーに予測不可能な展開をもたらします。これにより、通常のスロットゲームとは一線を画す緊張感と興奮が生まれています。

4. ヒントとコツ: ゲームの難易度が高いと感じるプレイヤーもいるかもしれませんが、成功の鍵は橘アンジュと彼女の仲間たちとの連携にあります。キャラクターごとの特殊な能力や戦略を理解し、うまく活用することが大切です。また、ゲーム内のクエストやイベントにも注意を払い、戦略を立てることが報酬の鍵となります。

5. 結論: 『パチスロ からくりサーカス』は、ゲームの枠を超えた新しい体験を提供する素晴らしい作品です。開発者の独創的な発想と橘アンジュの冒険が絶妙に融合し、プレイヤーに独自の興奮と感動をもたらします。このゲームは、ゲームレビュー経験者である私自身をもう一度ゲームの虜にしました。

 

【番組のために!天国モードでチバリヨの舞!?】パチギレ!第4回 後編《伊藤真一・シーサ。・橘アンジュ》チバリヨ-30[パチスロ・スロット] │ ...

「アンジュのからくりサーカス冒険:今年のプレイハイライト」

スマスロと言えば、2022年の冬より登場し約1年かけてすっかり浸透しました。おかげで2023年はパチスロに活気が戻った年だったのではないでしょうか。

 

この記事では、そんなスマスロの中でもアンジュに酸いも甘いも与え虜にした、『パチスロ からくりサーカス』を紹介していきます。

 

 

》機種ページはコチラ《

 

 

『からくりサーカス』設定6実戦データはこちら!

 

 

『パチスロ からくりサーカス』のおすすめポイント

 

やはり、おすすめポイントは驚異的な出玉性能!

 

6号機時代に突入し、長らく味わえなかった爆発力を再びもたらしてくれたスマスロ。だからこそスマスロがここまで覇権を握ったのではないかと思うんです。

 

その点において、本機はコンプリートも夢じゃない程の出玉性能を持っています。

 

これは、私のように過去に荒い機種を打っていた人ならハマること間違いナシだし、6号機以降にパチスロデビューし万枚クラスの出玉を体験したことがない方などにも味わってほしいと思う要素です。

 

 

2023年12月現在、『からくりサーカス』におけるアンジュ最高記録

 

 

そしてCZにはじまり、最低3回クリアが必須の【激情ジャッジ】、本機最大の叩きどころ【運命の一劇】と、おのれのヒキを駆使する大量出玉へのプロセスにもこの台の魅力が詰まっています。

 

一見すると高いハードルですが、ヒキ次第でどうとでもなるのも事実。ヒキが噛み合った時の快感たるや、凄まじいものです。

 

「あ、今エンドルフィン出てる!」ってわかります。

 

酷い偏頭痛のなか打った日がありましたが、運命の一劇を突破した直後からすっかり治る実体験もしました。

 

身体の痛みに悩まされている方にもオススメの1台です。

※個人の感想であり、効果には個人差があります

 

 

設定差はここをチェック!

 

ここからは、からくりサーカス未体験の方や打ち込んでいない方のために、ポイントとなる3つのキーワードをおさらいしていきましょう!

 

 

 

 

設定は6段階。ですが、設定Lが含まれるため、実質5段階と言っていいでしょう。

 

設定看破は比較的しやすい台かと思います。様々な要素から推測が可能ですが、アンジュ的注目ポイントは以下3点!

 

 

その①通常時の【幕間チャンス】当選率

通常時の幕間チャンス当選率
設定 確率
1 約1/3000
2 調査中
4
5
6 約1/1000

 

 

その②AT【からくりサーカス】終了画面

AT終了画面の示唆

画面

示唆

勝&鳴海

デフォルト

敵幹部

奇数かつ高設定示唆

ヒロイン5人

偶数かつ高設定示唆

阿紫花&ギイ

設定2以上濃厚

しろがね&勝&鳴海

設定4以上濃厚

フランシーヌ

設定6濃厚

 

 

①に関しては、設定1と6とでは当選率に約3倍もの差があるので、複数回確認できた時点で粘る理由になります。

 

そこに②も加味することで、おおよその設定は見えてくるかと。

 

機械割が設定6で114.9%、設定5でも108.1%あるので、高設定を確信できたら私は全ツッパ一択。

 

ただし、設定6をツモって73k負けも体験済み。(帰宅してガチで泣いた思い出)

 

更には某ライターさんの6で130k負けも耳に入っています。ハイリスクハイリターンを地で行く台なのだ…。

 

高設定はチャンスをより多くもらえる、そこから爆発させられるかはおのれ次第!と思っておきましょう。

 

 

からくりサーカスAT終了画面

『からくりサーカス』の【設定差】特集はこちら!

 

 

モードの把握は○○を忘れずに

 

通常時のモードは以下の4種類。

 

モード概要

モード

期待度

最大天井

通常A

100の位が偶数のゾーンがチャンス

選択率の高いデフォルトモード

1200G

(実質約730G)

通常B

100の位が奇数のゾーンがチャンス

次回が通常C以上の可能性アップ

800G

(実質約550G)

通常C

100の位が偶数のゾーンがチャンス

ゲーム数当選時はAT直撃確定

テーブルは通常Aと同じ

1200G

(実質約730G)

天国

100G以内でのCZ以上当選が確定

100G

(実質約70G)

※カッコ内の実質ゲーム数はゲーム数加算を加味した実ゲーム数の平均

 

 

基本的にCZ【機械仕掛けの神】のゲーム数当選テーブルを管理しています。

 

このモードは先5回分まで決まっているため、前回のモードを考慮したり次回以降のモードも探りながら打つことが重要になってきます。

 

合わせて、唯一AT当選となるモードCは、モードAと同じく百の位が偶数のG数で前兆が来るので、千載一遇のチャンスを逃さぬようしっかり判別したいところ。

 

その為にも、CZおよび【運命の一劇】の終了画面チェックはやっておきましょう!

 

 

パチスロからくりサーカスCZ運命の一劇終了画面

 

 

終了時にPUSHボタンを押すと出現します。意外とこれをやっていない人も多く見かけますが、天国やモードCを見抜くためには忘れずに行うことをオススメします。

 

しかし、「先5回分のいずれかが天国濃厚」といった示唆もあり、深追いする要素にもなるので気を付けようね…。(何回も痛い目見てるアンジュより)

 

その他ポイントとなる

 

・通常AorCのテーブルで1100Gを超えて当選した場合はモード不問で次回の天井が300Gに短縮される

・設定変更後やエンディング後は初回通常Cが、超からくり後は初回天国が選ばれやすくなる

 

こちらの2点も忘れずに!

 

 

『からくりサーカス』の【モード】特集はこちら!

 

 

天井を狙う時の注意点

 

天井は3つ存在します。

 

天井到達条件
項目 内容
天井到達条件1 1200G(擬似ゲーム数)到達
天井到達条件2 CZ・機械仕掛けの神4スルー(発動は5回目)
天井到達条件3 実ゲーム数2500G消化

 

 

それぞれ恩恵も変わってきますので覚えておきましょう。

 

まずはCZ当選となる天井1を意識して打ち、CZを3スルーしたあたりからは天井2&3を見据えて打つことになります。

 

天井1&3はG数による天井ですが、1は擬似ゲーム数(画面上のゲーム数)、3は実ゲーム数と、それぞれ異なるので注意!

 

かなり深く思える天井2&3ですが、ヒキが噛み合わない日はいとも容易くやってきます…。

 

打ち抜く覚悟と、時には潔く退く勇気。その両方が必要です。

 

私の考えですが、天井狙いは基本的にCZスルーの天井2を狙うのが懸命かなと思います。

 

もしくは天井1を1度だけ追って、運試し的な感覚でCZ1回だけやってみるとか。

 

なんにせよこの台を打つのであれば、覚悟を決めた折れない心と、冷静な判断をくだせる頭がないとダメです。

 

嗚呼、自分で言ってて耳が痛いよう。

からくりサーカス『暇乞い』 - MAG.MOE

「橘アンジュのパチスロマスター:これぞオブ・ザ・イヤー!」

佐藤健太郎さん (評価: 4.2/5)

『からくりサーカス』は、まさに期待を超えたゲームでした。ゲームプレイの規則性と、アンジュの冒険が絡み合って、飽きさせません。特に、スロットのルールはわかりやすく、でも十分に奥深い。ゲーム戦略はキャラクターごとに異なり、その組み合わせ次第でバリエーション豊かなプレイが楽しめます。これまでにない緊張感が特徴で、予測不可能性がプレイヤーを引き込みます。グラフィックも美しく、音楽もゲームの雰囲気にぴったり。一度プレイしたら、やみつきになること間違いなしです。

田中悠太さん (評価: 4.7/5)

『からくりサーカス』は、新しいパチスロの次元を見せてくれました。ゲームプレイのルールはシンプルながらも奥が深く、独自の戦略が求められるのが魅力です。特に、仲間たちと連携して戦う戦略性が素晴らしい。キャラクターごとに異なるスキルや特徴があり、その組み合わせでどれだけ戦局を有利に進めるかが鍵です。ゲームに没入する中で、勝利の瞬間や失敗の時のドキドキ感がとてもリアル。これまでのパチスロゲームとは一線を画す、新たなゲーム体験が味わえました。

鈴木直樹さん (評価: 4.5/5)

『からくりサーカス』は、まさに驚きと感動の連続でした。ゲームプレイのルールは理解しやすく、しかし戦略性は高い。キャラクターたちのデザインやアクションが素晴らしく、彼らの個性がゲームに深みを与えています。ゲーム戦略は柔軟で、プレイヤーが自分のプレイスタイルに合わせて戦えるのがいいですね。特に、連携プレイでの連鎖攻撃は爽快そのもの。ゲームに没頭する中で、時間を忘れてしまうほどの没入感があり、これぞオブ・ザ・イヤーと言える作品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です