「『スマスロ バイオハザード:ヴェンデッタ』南こうめのこれ打ったよねオブ・ザ・イヤー」

「『スマスロ バイオハザード:ヴェンデッタ』南こうめのこれ打ったよねオブ・ザ・イヤー」

タイトル: 『スマスロ バイオハザード:ヴェンデッタ』 – 南こうめのこれ打ったよねオブ・ザ・イヤーに輝くゲーム体験


バイオハザードシリーズの新たなる一編、『スマスロ バイオハザード:ヴェンデッタ』が、南こうめのこれ打ったよねオブ・ザ・イヤーを受賞したことは、ファンにとっては嬉しい驚きだろう。本作は、臨場感あふれるグラフィックと緻密なストーリーテリングで、シリーズの伝統を受け継ぎつつも新しい高みに挑む傑作だ。

ゲームの最大の特徴は、その臨場感あるグラフィックとリアルなキャラクターモデルにある。南こうめのリアルな表情や動きが、プレイヤーを物語に引き込む一因となっている。特に、彼女の登場するシーンでは、その迫力とクオリティに驚かされることだろう。

ゲームプレイにおいては、バイオハザードシリーズらしい緊張感あるサバイバルホラーが存分に楽しめる。武器やアイテムの選択が重要であり、常に賢明な判断が求められる。また、ヴェンデッタのストーリーは、複数の視点から展開されるため、プレイヤーは様々なキャラクターの視点で物語を体験できる点も魅力的だ。

ゲームの進行においてヒントとコツが必要な場面も多く、特に敵との戦闘では戦術的なアプローチが求められる。こまめなセーブや賢明なリソースの使用が、生存につながる重要な要素だ。敵の行動パターンや特徴をよく観察し、冷静な判断力を保つことが勝利への鍵となる。

最終的に、『スマスロ バイオハザード:ヴェンデッタ』は、南こうめの個性的なキャラクターが引き立てる中で、シリーズの名を高めた優れた作品である。その没入感あるグラフィック、深いストーリー、そして緊張感溢れるゲームプレイは、今後のバイオハザードシリーズに対する期待を高めることだろう。南こうめのこれ打ったよねオブ・ザ・イヤーを受賞するにふさわしい、忘れられないゲーム体験がここにある。

スマスロ バイオハザード:ヴェンデッタ(新台スマスロ)パチスロ・設定判別・天井・ゾーン・解析・打ち方・ヤメ時

「南こうめ、『スマスロ バイオハザード:ヴェンデッタ』で贈るオブ・ザ・イヤーの感動」

実はゲームのバイオハザードシリーズが大好きで、全シリーズやり込んでいます。ただ、今作の『ヴェンデッタ』はゲームではなく映画が元ネタになっているんです。

 

『ヴェンデッタ』ではウェディング姿のレベッカが登場するので、オタクにはこれだけでもお腹いっぱいです(笑)。

 

 

スマスロバイオヴェンデッタAT確定画面

 

 

まだあまり打ったことがないよという方のために、まずはゲーム性をおさらい。

 

AT当選は、レア役から突入する「サイレントモード」。もしくは、規定ゲーム数消化から突入する「アリアスモード」どちらかの前兆を経由します。

 

純増約2枚のAT「ヴェンデッタモード」では、主にレア役でのゲーム数の上乗せや、バトル型CZ「クリーチャーバトル」でボーナス、ゲーム数上乗せを獲得して出玉を伸ばしていくゲーム性です。

 

さらにエンディング後は約50%で純増約4枚の上位AT「プレミアムヴェンデッタモード」に突入します!

 

通常時は「サイレントモード」と「アリアスモード」の突入で設定推測とモード推測ができるところや、エンディング後の50%以上で突入する上位ATは大量出玉に期待ができる嬉しいポイント! ATに入ってからの自力感も、バイオハザードならではのサバイバル感があって好きなポイントです。

 

 

 

 

そんな本機で、ここは押さえておきたいっていうポイントをあらためて見ていきましょう。

 

 

モードの絞り込みが重要

 

AT当選をかけて通常時で最も重要となるのが「モード」です。

 

通常時は5つのモード(A/B/C/D/(超)天国)でAT当選の規定ゲーム数を管理しています。高設定であるほど上位のモードが選ばれやすくなっているため、初当りが軽くなります。天国モードの規定ゲーム数はなんと128G! それぞれアリアスモードに突入するゾーンが異なっているため、滞在モードの絞り込みも可能となっています。

 

 

[アイキャッチ_ヒョウ柄]

バイオヴェンデッタゲーム数示唆

残り50G+α以内にAT当選

 

 

他にもステチェン時のアイキャッチで、規定ゲーム数の到達を示唆してくれることがあります。これらを見逃すことなく自分の滞在モードを絞り込んでいくことがポイント。

 

ちなみに、特大設定差のあるモードDは150G〜199G間でアリアスモードに突入し、さらに200G〜299G間でアリアスモードに突入します。私は1日にモードD滞在を1〜2回確認したら高設定かもと期待して打てます。

 

 

バイオヴェンデッタアリアスモード

『スマスロ バイオハザード:ヴェンデッタ』の【モード】特集はこちら!

 

 

設定差があるポイントをしっかりチェック

 

この流れで設定差の部分にも着目してみます。前述したとおり、モードD移行率に大きな設定差があります。しかし、出現頻度が低いため、その他の設定判別要素も重要です。

 

通常時からできる判別要素として、サイレントモードへの突入率と成功率に差があるのでチェックしていきましょう。

 

 

弱レア役契機のサイレントモード移行率

通常中

設定

弱チェリー

スイカ

1

0.2%

0.2%

2

0.4%

0.4%

3

0.4%

0.4%

4

1.2%

1.2%

5

1.2%

1.2%

6

1.6%

1.6%

高確中

設定

弱チェリー

スイカ

1

2.7%

10.2%

2

3.1%

10.5%

3

3.5%

15.2%

4

6.3%

19.5%

5

8.2%

19.9%

6

10.2%

20.3%

※フェイク前兆、本前兆の合算値

 

サイレントモード移行トータル確率

設定

確率

1

1/349.5

2

1/317.3

3

1/296.7

4

1/249.1

5

1/239.4

6

1/226.7

※フェイク前兆、本前兆の合算確率

 

 

高設定ほど弱チェリー、スイカから突入しやすく、全体のサイレントモード突入率に差が出てきます。成功率にも設定差があるので、フェイク前兆も含め突入契機と成功回数はしっかり数えておくといいです。

 

また、弱チェリー、スイカの出現率にも設定差があることから、高設定はテンポ良く初当りが軽くなると言えます。(サイレントモード成功率や小役確率はマイスロでとれるのでお忘れなく!)

 

設定示唆演出では、お馴染みのAT中に出現する特定枚数表示をはじめ、AT終了後に出現するサミートロフィー、AT終了画面を要チェック。店長カスタムされる店舗さんも増えてトロフィーをお目にかかれる機会が増えてきたのはいいですよねぇ〜。

 

 

 

 

バイオヴェンデッタAT終了画面

『スマスロ バイオハザード:ヴェンデッタ』の【設定差】特集はこちら!

 

 

天井狙い時の注意点

 

最大天井は810G(モードA)。他の機種と比べると少し浅めになっています。

 

朝イチ、リセットを含む設定変更時は、天井が200G短縮されて610G(モードC)となっていて、天井恩恵はAT当選です。天井狙いをする際は350G以降でベルナビが発生しやすくなるため、350Gからの期待収支はプラスとされています。

 

実際はモード判別が比較的わかりやすく、上位のモードが予想される場合はヤメられることが少ないため、天井狙いの際はモードAorB(710G)を打つことが多いです。そのため、私が天井狙いをする際の基準ゲーム数は、モードAの規定ゲーム数を考慮して、500G前後にしています。

 

 

モード別・ゲーム数消化でのAT当選期待度

ゲーム数

モード

A

モード

B

モード

C

モード

D

天国/

超天国

1~29G

30~79G

80~149G

天井

150~199G

200~299G

300~399G

天井

400~499G

500~599G

600~699G

天井

700~799G

天井

800G~

天井

※期待度…△<○<◎

 

 

また少し話は逸れますが、AT終了後の当選期待度として、128G以内が約33%、256G以内が約52%で当選します。

 

ここが一つの沼要素で、256Gのあたりでアリアスモードのフェイク前兆に入り…抜けた後にレア役を引いてサイレントモードの煽りに入り…などなどしているとあっという間に350G(期待収支プラスライン)を超えていたりするのでヤメられない。みたいになったりします(笑)。

 

そんなこんなでモードAの最大天井810G+αを迎え。彼(アリアス)には何度も天井でご挨拶させてもらいました(泣)。

 

検索|なな徹 - パチスロ・スロット解析情報サイト

「南こうめのオブ・ザ・イヤー受賞記念 – 『スマスロ バイオハザード:ヴェンデッタ』の輝かしい瞬間」

レビュー1: 田中健太郎 (評価: 4.5/5)

「スマスロ バイオハザード:ヴェンデッタ」は、シリーズのファンにとって待望の作品であり、期待に応える出来映えだ。臨場感あふれるグラフィックと緊迫感漂うゲームプレイが特に印象的だ。キャラクターの細部まで表現されたデザインと、物語の進行におけるサスペンス感は、プレイヤーを引き込むのに十分だ。ただし、一部の難易度が高いシーンでのバランスがやや難しいと感じたが、それが逆に挑戦を楽しませる要素となっている。

レビュー2: 佐藤慎一 (評価: 4.1/5)

「スマスロ バイオハザード:ヴェンデッタ」は、バイオハザードシリーズの中でも特に没入感がある一作だ。南こうめのキャラクターは、物語に深みを与えるだけでなく、ゲームプレイにおいても役立つ仲間だ。戦略的なアプローチが求められる戦闘や、リアルなシナリオがプレイヤーを引き込み、絶え間ない興奮をもたらす。しかし、一部のアクションがやや複雑で、初心者には少し難しいかもしれない。

レビュー3: 山田浩太 (評価: 4.8/5)

「スマスロ バイオハザード:ヴェンデッタ」は、素晴らしいゲームプレイと心に残るストーリーが見事に融合された作品だ。特に、南こうめのキャラクターがストーリーに深みを与え、彼女の能力を駆使した戦略が冒険をより楽しくする。ゲームの進行においては、適度な難易度と臨場感ある状況設定が、プレイヤーに恍惚とした気分をもたらす。細部にわたるディテールにも注目すべきだが、数少ないバグが散見されたため、アップデートが期待される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です