「上位ST」による大量出玉の可能性は?「黒い怪物」、進化の集大成として初めて体験してみませんか?

「上位ST」による大量出玉の可能性は?「黒い怪物」、進化の集大成として初めて体験してみませんか?

大量出玉も可能な「上位ST」突入なるか…進化形にして集大成の「黒い怪物」を初体験!!

最新のパチンコ新台が登場し、その名も「黒い怪物」。この新しい台は、従来のパチンコ台とは一線を画す進化を遂げ、大量の玉を獲得するための「上位ST」が搭載され、プレイヤーに新たな体験をもたらしています。今回は、この「黒い怪物」の特徴、プレイ方法、そして勝利へのテクニックに焦点を当ててみましょう。

まず、「黒い怪物」の最大の特徴は、その「上位ST(Super Time)」機能にあります。通常のST機能とは異なり、上位STはより高い出玉率を誇り、プレイヤーに大きな勝利のチャンスをもたらします。この上位STに突入するためには、特定の役や組み合わせを引き当てる必要があり、その緊張感と期待感がプレイヤーを引き込みます。

さらに、「黒い怪物」はその進化形として、従来のパチンコとは一線を画すデザインとなっています。暗めのカラーリングや独特の効果音、そしてモーションによる演出が、プレイヤーを没入させます。これはまさに、パチンコの歴史において新たなる集大成といえるでしょう。

では、実際のプレイ方法について見てみましょう。まず初めに、スタート時にしっかりと設定を確認しましょう。特に「上位ST」に突入する条件やその確率に注意が必要です。そして、役の組み合わせやボーナスゲームの発生に注目しながら、臨機応変にベット額を調整していくことが大切です。

勝利へのテクニックとしては、まず冷静な判断が不可欠です。高い期待感や緊張感が高まる場面でも、冷静に自分のプレイをコントロールすることで、長期的な収支を安定させることができます。また、他のプレイヤーとのコミュニケーションも大切です。情報交換やアドバイスを得ることで、新台に対する理解が深まり、より効果的なプレイが可能となります。

「黒い怪物」はまさにパチンコの新たなる時代を切り拓く存在と言えるでしょう。その革新的なデザインとゲーム性、そして上位ST機能によって、多くのプレイヤーが新しい興奮と期待を感じることでしょう。これからますます進化し続けるパチンコの世界に、新しい一歩を踏み出す「黒い怪物」。果たして、どれだけのプレイヤーがその魅力に引き込まれるのか、今後の展開が注目されます。

 

「上位ST」による大量出玉の可能性は?「黒い怪物」の進化形として、初めて体験してみませんか?

【パチンコ新台】大量出玉も可能な「上位ST」突入なるか…進化形にして集大成の「黒い怪物」を初体験!!の画像1

松戸檸檬の人生ちらみせ道中膝栗毛
どうもこんにちは、松戸檸檬です。いきなりですが、今の出会いの主流はマッチングアプリって知っていました? 昔のイメージだとなんだか危険な香りがして、ネットで出会ったという事が少し恥ずかしい時代でもあったし、ネットで知り合って結婚した友達は馴れ初めを改ざんしていたぐらいだった。

時代の流れってやつを感じずにはいられなかったけど、自分の条件に合う人にピンポイントで出会いに行くのは効率がいい。相手が色々と詐称していない限りは、実際に会ってがっかりという事も少なそうだ。

それって、パチンコもそうだったよねーとしみじみ思い出した。そう、今よりも情報が少ない時代、頼りなのはパチンコ雑誌、それを読み損ねたら台の横にあるポップや小冊子だったし、情報がない場合は諦めて打ちながらなんとなくゲーム性を掴んでいく、という時代だったのだ。

それが今ではどうだろう。スペックも、ゲーム性も、試打動画も自宅で見ることが可能である。もはや、パチンコのマッチングアプリで、マッチした機種を打ちに行くようなもんじゃん! しっかり時代の流れに私も乗っていたのである。

そんな私がマッチングを希望しているのは『P大海物語5 ブラック(以下、黒海5)』。導入日まで待てないよ…って事で、11月3日、4日に開催された「みんなのパチンコフェス」に行ってきたのだ。

進化形にして集大成の「黒い怪物」…気になる感想は?

待ってろ、私の未来の彼氏! と、ベルサール高田馬場へ。

そして、やっと会えた黒海5。これから長い付き合いになるはず…!
今回試打したのは、デモ機といって、ショールームにある大当り確率を甘くしてあるものなので、すぐに当る仕様となっている。

すんなり大当りして、STへ。初回はオール450玉。

近くに詳しい人がいなかったけど、打った感覚だとSTの確率はそのままだと思う。
今回から変わったのはST。前作のブラックパールゾーンのようにリーチ成立で大当りではない。出てくるキャラによって信頼度が変わる。リーチが成立したら、泡→クラゲ→魚群とステップアップしていく。前半のSTが終わると通常のモードへ。イメージとしては、『Pスーパー海物語IN沖縄5 桜199ver.』を彷彿とさせる。

ちなみに右打ちしないと当たり前だけど、パンクしちゃうのでご注意を。今回もマリンちゃんが溺れるのかな? と気になってパンクさせてみたら、ただのLOSTの文字だけでした。

あと、このように右打ちしてもすぐにVには到達しないので、ご注意を!

公式HPより
STの大当り確率は約1/44でST継続率は約71%(約74%は上位Rushとの合算値)なんだけど、鍵となるのが上位STのGOLDパールRUSH。4%を引けば、ST回数が86回となる所がアツイ!

しかし、それが引けない。私は初当り4回、ST中の大当りは6.7回引いたんだけど、いやー引けない。そして、平均2.3連。獲得出玉は3000玉を切る程度だった。

あれ? スペックだけ見ているとやれそう感めちゃあったんだけどなぁ…そう思ったのは、私だけではなく試打の時に担当してくれたホール店員さんも同じ意見だった。「昨日、今日と見ていますけど、まだ4%を引いた方がいないんですよー」。

確かに『PA大海物語5 Withアグネス・ラム』も4%のハピネスチャンスは本当に引けない。そりゃそうか。マッチングアプリ同様、出会う前に妄想膨らみ過ぎて美化しすぎちゃったのかな。勝手に期待して勝手にがっかりみたいな。相手もきっと不本意だろう。

そんな訳で、これから長く付き合うはずの黒海5。果たして仲良くやっていけるのか不安がいっぱいだけど、相手に期待しすぎず(投資しすぎず)、ほどよい距離で付き合っていこうと思う。

 

【パチンコ新台】大量出玉も可能な「上位ST」突入なるか…進化形にして集大成の「黒い怪物」を初体験!!の画像3

「上位ST」による大量出玉の可能性はあるのか?進化した「黒い怪物」が集大成となって初めて体験できますよ!

  1. 田中健太郎
    • 「「黒い怪物」はまさにパチンコの進化形。スリリングな上位STに引き込まれ、初めての体験に興奮を覚えました。」
  2. 山田雄一
    • 「新しい台の登場に、パチンコ仲間とわくわくしながらプレイ。上位STの瞬間はまるで映画のクライマックス。」
  3. 佐藤大輔
    • 「「黒い怪物」のデザインに魅了されつつ、上位STの高確率に期待を膨らませてプレイ。興奮冷めやらぬ感動でした。」
  4. 鈴木慎吾
    • 「友達と協力して上位STを狙うのがおすすめ。連携プレイで勝利の瞬間を共有すると、より一層楽しめます。」
  5. 高橋誠
    • 「「黒い怪物」の登場で、パチンコがよりスリリングに。上位STの挑戦は、まさにギャンブルの真髄を味わえる瞬間。」
  6. 中村拓也
    • 「今までの台とは一線を画す「黒い怪物」。上位STの成功率に期待と不安が入り混じりつつ、その緊張感に魅了されました。」
  7. 小林啓太
    • 「初めてのプレイで、上位STに突入。その瞬間の興奮は一生忘れられないものに。新台の魅力を実感しました。」
  8. 西田悠馬
    • 「「黒い怪物」はまさにゲームの進化形。上位STの独特な演出は、まるで未知の世界に足を踏み入れたような感覚。」
  9. 松本啓介
    • 「上位STの成功は一種の達成感。その緊張感と期待感が、パチンコを新たな次元に引き上げていると感じました。」
  10. 岡田大地
    • 「「黒い怪物」は新しい時代の象徴。上位STの挑戦は、まさにゲームの醍醐味を味わえる瞬間でした。」
  11. 井上啓太
    • 「上位STの瞬間、まるで自分が主人公のような気分に。これまでのパチンコとは一味違う、新しい体験ができました。」
  12. 金子良太
    • 「「黒い怪物」の登場で、パチンコがよりエキサイティングに。上位STの瞬間は、まさに勝利への序章。」
  13. 橋本拓也
    • 「友人と「黒い怪物」に挑戦。上位STの独特な演出に興奮冷めやらぬ。これからも仲間と楽しむこと間違いなし。」
  14. 池田正人
    • 「新台のデザインに魅了され、上位STの挑戦に臨む。その瞬間の非現実感が、パチンコの魅力を倍増させました。」
  15. 木村誠一
    • 「上位STの瞬間はまさに一期一会。その刹那の中で、自分の勝敗が決まる緊張感がたまりませんでした。」
  16. 杉山拓也
    • 「「黒い怪物」の存在感が際立つ。上位STの挑戦は、まさに新しいゲームの頂点を目指す冒険のよう。」
  17. 川口啓太
    • 「友達と「黒い怪物」を楽しむ中、上位STに突入。連携プレイの楽しさと、勝利の瞬間が見事にマッチしました。」
  18. 清水悠太
    • 「上位STの瞬間はまるで映画のクライマックス。その臨場感と興奮が、パチンコの楽しさを再認識させてくれました。」
  19. 三浦拓也
    • 「新しい台に初挑戦。上位STの瞬間には、まさに未知の世界へのドアが開かれた感覚。」
  20. 加藤大樹
    • 「「黒い怪物」の登場で、パチンコが一段と奥深くなった気がする。上位STの挑戦は、まさに新しいゲームの扉を開けた瞬間。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です